ヒアルロン酸とは


最近の美容皮膚科では、ヒアルロン酸注入がよく行われています。ほうれい線等のしわを目立たなくする、鼻筋を通したり、唇をより魅力的にする等、幅広い施術に使われているようです。

ここで、美容外科でそのような施術によく使われるヒアルロン酸について、ご説明致しましょう。ヒアルロン酸は元来、人間の体内にある物質です。ヒアルロン酸の体内での役割は肌の水分、潤いの保持、肌のハリを取り戻すということですから、いつまでも若々しくいたいと願い女性にとって、必要な物質でしょう。

こういった役割のあるヒアルロン酸ですから、注射で肌に注入することによって、体の中に元々あるヒアルロン酸と融合し、年齢肌を若い頃のようなもちもち肌によみがえらせることが期待されます。さらに嬉しいことにヒアルロン酸は即効性がありますから、注入することで、肌はすぐによみがえるようです。このようなことからしわの改善はもちろん、憧れの涙袋形成にもヒアルロン酸は効果を発揮するでしょう。但し、残念なことにヒアルロン酸は持続性がないので、定期的に注入する必要があります。このあたりは、美容皮膚科の先生のお話をよく聞いてご納得された上でヒアルロン酸注入をお決めになると良いでしょう。

当サイトはヒアルロン酸注入による美容外科での施術について、涙袋形成と絡めてお伝えいたします。涙袋形成についての諸々、美容外科で施術を受けることのメリット、デメリットを皆様に分かりやすく、ご説明致しますので、ご参考になさってください。皆様がヒアルロン酸注入でご満足のいく施術ができますことを願います。