美容皮膚科デメリット


美容皮膚科で施術を受けるのは医師に任せられるという事で安心ですし、メリットも沢山あります。けれども、残念なことにデメリットもあるのです。涙袋を例にそちらをご説明致しましょう。

美容皮膚科の施術は安心ですが、失敗例もあります。涙袋の施術を受けたのに、変化がなかった、膨らまなかった等という例の場合、医師の判断力が欠けていたということです。人には膨らみやすいタイプ、膨らみにくいタイプがあるのですが、医師がそれを判断できなかったということになるでしょう。判断できる医師ですと、こういった場合はヒアルロン酸注入の際に調節できますから、うまくいきます。また、左右に差が出来てしまったという例もあります。こちらは患者側の許容範囲にもよりますが、調整しようとすると、ヒアルロン酸を注入し過ぎてしまい、バランスが余計に悪くなるのです。この場合は施術前の医師の説明が足りなかったのでしょう。元々、人の顔は左右対称ではありませんから、多少の違いがあった方がむしろ自然です。施術前の説明をきちんとしてくれるような医師を選べば、納得のいくようにアドバイスしてくれますから、クレームになることはないでしょう。

このように、デメリットは医師の技術によるものが大きいですから、評判の良い技術の高い美容皮膚科を選ぶと良いでしょう。